淡路島一周ツーリング

久々の「アワイチ」(最終回)

 待ち時間ソコソコで、帰りの船が到着。
早速乗り込んで、椅子に座って・・・

(私)「日没までに明石港つきますね!」。
(S) 「まー、なんとか!(笑)」。
(私)「風が、まいてて大変でしたね・・・・」。

と話ながら、船に揺られて・・・

「てか、めちゃ揺れてない?」。

・・・と、しぶきがかかる窓を眺めて・・・・

「ンー。 中々つかないですね!」

 いつもなら、15分程度で着くのですが、大夫と流されて、いつもより時間がかかっている様です。
 明石海峡はもともと潮の流れが速い(林崎でジェットスキーごと、流された体験者!(笑)・・・大事なく今だから。w)のですが、風が強いのと時化ていたからでしょうね! 

 ようやく、明石港へ到着!。
船を降りて、薄暗い明石港を早々に出発。
センチュリオン「S」さんとは、江井島で・・・

「お疲れ様でした! 気をつけて帰ってくださいね!」。

・・・と、解散!

 私は、狭いながらも慣れた浜国で、ボチボチ店に向かいます。
久々のアワイチ。 明石まで帰って来たこと、一人になったことで、集中力が完全にきれペースはあがりません。💦
ここは、

「安全第一、達者が一番!」。(オートバイ時代の先輩のパクリです。(笑)) 

・・・で、無理せず走り、18:10頃無事店に到着しました。

しばくして、「S」さんから、無事帰着のメセージ。

「ホッ!」

・・・と一安心したところで、店の電話に大量の着歴!。

「これは、(はぐれてしまった)「H」さん。)」。

速攻で電話でかけて、生存確認!

(H)「ちょっと止まってる間に、見失って真っすぐいっっちゃいましたー。」

(私)「なんでやねん!(笑)」

 ・・・やっぱり。 でも、まさかあの距離と定番の順路でベテランがはぐれるとは、想定外!。(早く携帯のアドレス帳は移しておこう!。) でも、一人で最後の峠も回ったそうです。 電話かけた時は、ジェノバに乗船するところだったそうです。

 メールで「H」さんの無事自宅到着を確認して、今回の「久々のアワイチ」は、怪我無く、終了。
でも、風がと時化が強くて、大変なアワイチでした!。 今度は、風が穏やかな時に行きたいですね!。  実際、当日までわからんけど!(笑) 過去にコンビニでFELT AR1が飛んで行ったことあったし!・・・(笑)

 新型コロナウィルス感染拡大も第6波が懸念されていますが、今のところ落ち着いる様なので、様子を見ながらイベントをやって行きたいと思います。
 できるだけ、気軽に参加できるものを企画してい行きたいと思いますので、ご意見、ご要望などありましたら、お便りください。

 それでは!

「ひさびさのアワイチ」
     おわり

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です